こだわり


二度と手に入らない素材と、

ハンドクラフトの偶然性を活かした唯一無二の腕時計。

・手作業で金属を叩き、削り、形作る時計ケースや金具。

・ヴィンテージの布や紙など、とっておきの素材を使用した文字盤。

・ベジタブルタンニンレザーを、

一点ずつ手染めで仕上げたオリジナルレザーのベルト。

二度と手に入らない素材と、

ハンドクラフトの偶然性を活かした唯一無二の腕時計。

一度役目を終えたものが、

腕時計として貴方の腕で時を刻み始める。

ヴィンテージの生地や紙など、

人の手を経て、歴史を刻んできた品々。

日に焼けたり、色褪せたり。

今の時代では見かけなくなった柄、色、素材感。

そんな二度と手に入らない、

とっておきが腕時計の文字盤に・・・

一度役目を終えたものが、

腕時計として貴方の腕で時を刻み始める。

眺めていると、時を忘れ、

物語を感じる特別な腕時計。

鍛造で作り上げる腕時計には、

即興音楽のような、ワクワクと驚きがある。

エターナイズでは、

手仕事による「鍛造(たんぞう)」という技法を使って

腕時計のケースやバックルを制作しています。

金属を熱でなまし、叩いて鍛えながら形を作っていく。

何度も何度も形になるまで繰り返す、

非常に手間と技、そしてセンスを要する技法であり、

手仕事の温もりをダイレクトに感じて頂ける技法です。

ハンマーを何度も振るいながら、

少しずつ形が出来上がっていく制作風景は

まるでライブパフォーマンス。

量産に向く手法では無く、

あえて手仕事の鍛造にこだわるのは、

私達のデザインには即興音楽のような偶然性、

ワククワと驚きが必要だと考えているからです。

作り手が様々な想いを込めながら、

一つ一つ手仕事で制作する腕時計。

手仕事ならではの風合いに、

ぜひ触れてみてください。

時と共にアンティークジュエリーの様な、

重厚感のある色合いに変化する金属。

エターナイズで主に使用している金属は、

主にBrass ( 真鍮 / 黄銅 )です。

Brassは、磨き上げると黄金色に輝き、

時と共にアンティークジュエリーの様な、

重厚感のある色合いに変化していきます。

昔から、耐腐食性があることから実用品として、

また、優しい光沢の美しさから工芸品としても、

船や建築物、家具、楽器などに多く使われてきました。

そういった特徴と歴史を持つBrassは、

ヴィンテージ素材を文字盤に使用した腕時計や、

アンティークな雰囲気に染め上げるオリジナルレザー

最も相性の良い金属と言えます。

仕上がったばかりの腕時計は、まだまだ成長段階。

共に時を過ごし、末永くお使いいただく事で、

Brassが味わい深い色合いに育ったとき、

何物にも代えがたい、貴方だけの逸品となります。

受け継いだもの、伝えていくもの。

時代を超えるものづくり。

「アンティークやヴィンテージなど、

時代や世代を超えて愛され続けているものには、

独特の雰囲気、ノスタルジックな空気感が漂う。

また、手仕事の活かされた工芸品には、

制作者の想い、歴史、そして魂が宿る。」

Arts and Crafts and Fashion

・工芸品 / Arts and Crafts

「芸術的な意匠を施した実用品で、

機能性と美術的な要素を兼ね備えたもの。」

・ファッション / Fashion

「その時代の、装い、デザイン、流行、

生活、文化を表するもの。」

エターナイズは、

時代を超えて愛され続ける普遍性と、

現代のファッションスタイルを反映したデザイン性を併せ持つ、

「時代を超える物づくり」をコンセプトとしています。

お客様とのコラボレーション。

お客様の想い出の品々や

発想を元に制作するオーダーメイドの腕時計。

例えば、お写真や洋服、

スカーフやネクタイ等を使った腕時計をご注文頂くことも・・・

大切な方達へ「伝える手段」として、

腕時計という、時を刻むアイテムを贈る。素敵ですね。

過去に制作した腕時計も掲載していきますので、

ご参考になさってくださいね。